あたらしいスタサナ別館。ver.4  旧『サンノゼ赴任日記』

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2012.05.07 Monday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2011.09.22 Thursday  Check! Check!! トマパイ☆

アイドル戦国時代にあって、ひときわ輝く『おしゃれ感』を醸しているTomato n'Pine。
まずグループ名が読めない、と。トマトゥンパイン、でございます。

で、今回の新曲が良い。
カップリングの方がさらに良い!!
ぜひお聴きください。







2011.06.27 Monday  おすすめCDだZ!

近場の観光地はほぼ行き尽くしたので、週末外出することも減りました。
もっぱら家で過ごしています。

さて、日本からCDが届いてひと月くらい経ったので、そのレビューでもしてみたいと思います。
基本的にCD買ってるくらいなので、ぜんぶ「好きは好き」という前提です。

WORLD OF FANTASY / capsule
今の中田ヤスタカがどんな音楽に興味を持っているかが知りたくて、いつもアルバムを買ってしまう。
今回のアルバムは震災前には『KILLER WAVE』という退路津で発売予定だったけど、さすがに震災後にそのタイトルでは出せる訳も無く、WORLD OF FANTASYにタイトル変更です。
M5の『KEEP HOPE ALIVE』なんかは震災後に作ったのかな?
全体的にダウナーな感じ。『WHAT IS LOVE』や『PRIME TIME』がおすすめ。

Oh! No! It's Heavy Polysick!!! / POLYSICS
YouTubeで『Let's ダバダバ』を聴いたせいで購入決意。
でもアルバム中でキャッチーなのは上記の1曲だけで、後は変態的な曲しか無い。
『Let's ダバダバ』だけでも聴く価値ありとは思うけど。

正しい相対性理論 / 相対性理論
相対性理論の曲を、いろんな人が分解再構成した曲で構成されたアルバム。
スチャダラパーが再構成した曲なんか、とてもグッド。聞き流せるアルバムです。(ほめてる)

BeVeci Calopueno / モーモールルギャバン
ユキちゃん』とか『ユキちゃんの遺伝子』なんかが好きで、今回もアルバム買いました。
けど正直、「合わないなぁ〜」と再認識させられてしまった。たまに気に入る曲は有るんだけど、今後はアルバム単位では買えないかな。。

君に届くかな、私。 / 南波志帆
以前のエントリでも取り上げましたが、まず気に入ったのが南波志帆。
独特の透明感あふれる声で、作曲陣も豪華。8曲しかないからさくっと聴けるし。
今後も聴きます。

トランキライザー / UNLIMITS
1stの『夢幻シンドローム』を聴いたとき哀愁漂う泣きメロ歌謡ロック、てな感じのメロディにやられたんですが、さすがにそんな曲調ばっかりだと飽きる。で、今回飽きた。
正直何回も聴けないし、何曲も続けて聴く気になれないです。残念。メロディは良い。

爆弾の作り方 / amazarashi
アノミー / amazarashi
前から良いとは聴いていたけど、実際聴いたらかなり良かった。
特に爆弾の作り方は名盤で、『夏を待っていました』なんて特に良い。(PVも必見)
歌声が朴訥としながらエモーショナルで、バンプの藤原のよう。

MAGICAL CIRCUS / のあのわ
ここひと月で一番多く聴いたのがこのアルバム。
おもちゃ箱みたいなメロディー、かつすごくキャッチー!
特に『スウォンクの涙』と『もぐらは鳥になる』、『FOCUS』がお気に入り。
一瞬自分の中でBahashishiと重なったけど、こちらの方が音楽的に断然好み。
今、人にすすめるならこのアルバム。

鼓動の秘密 / 東京女子流
今回のアイドル枠w。
リード曲の『鼓動の秘密』が想像以上に良かったので購入しました。結果、大満足。
『鼓動の秘密』はなぜか長いイントロを付けられて台無しになってるけど、他の曲はアイドル曲としては申し分なし。目立っていいのは無いけど、安心して聴ける。
いままでエイベックスのアイドルって、なんか格好良さ重視というか、同世代の女の子受けを狙っているというかだったんですが、この東京女子流は明らかにアイドルファンに焦点を合わせている感じで、ある意味非常に正統派。
初回版にはDVDがついてくるんですが、PVも金かけているのか絵がすごく綺麗だし、安っぽくない。メイキングとか、オフショットもたくさん収録されていて、満足度高いです。
自分のお気に入りは庄司芽生。とにかくダンスが上手で、スタイル抜群(手足長い!)


ということで今回のイチオシは、のあのわ『MAGICAL CIRCUS』でした。



ちなみにCDと一緒にPerfumeとももクロのDVDも届いたんですが、これもどっちとも良かった!
Perfumeはあんなに大きなハコなのに、舞台演出がウマくて全然気にならない。
たった3人で、バンドもなしで、間が持たせられるなんてすごいぞ。
けっこうシングル発売してるからそろそろアルバム発売かな? 楽しみです!
ももクロは初めてのライブDVDだったけど、予想を超える良さだった。
間違いなくいま一番面白いアイドルだと思う。あー、ライブ行ってみたい。。
特に百田夏菜子の熱量がハンパない。ももクロ=百田夏菜子といって過言ではないくらいに。




2011.06.02 Thursday  こどなの階段

先週はロサンゼルスに遊びにいってたんですが、それをお伝えする前にサクッと更新。
なんせ最近日本から送ってもらったCDたちの中で、すっごく気に入った物があったんで。

南波志帆

この子、すげぇいいです。
牧野由依からアクを抜いて、瑞々しさをプラスしたような、素敵な歌声。
ロスに行く道中にCDかけてたんですが、聞いてるうちにどんどん好きになって、結局今回の旅行の往復だけで5回くらいアルバムとおして聴いちゃったよ。

俺が聴いたのはインディーズ2枚目なんだけど、作曲してるのがキリンジの人とかコトリンゴでまず曲が良いし、曲の幅も広くて、10曲だけだけど大満足。

最新シングルはBase Ball Bearの小出とサカナクションの山口プロデュースなんだけど、
これがまたすごく良い曲。(ベボベとサカナのいいとこどりみたいな曲)
発売はまだみたいだけど、YouTubeでPV見られるので是非見てみてください。


YouTubeはコチラ!




2010.04.01 Thursday  終バスは行く! 風切ってビューン!

今日はやけにアニソンが多い・・・。

1.Innocent starter/水樹奈々
 水樹奈々で一発変換できないので、いつも「水の樹木で奈良は久々」と入れている私。
 紅白に出たおかげで、知名度はどのくらい高まったんでしょう?
 それにしても歌うまい。声量豊かでファルセットも綺麗。

2.Groove Walk/TRICERATOPS
 曲名のとおり、ライブで聴くとノリノリ。ぴょんぴょんソング。

3.ウンディーネ/牧野由依
 彼女の曲は寝る前に聴くのにもってこい。柴田淳とともに、おやすみリストの常連です(笑)

4・アンインストール/石川智晶
 なぜか妹から教えてもらった曲。
 アニメ「ぼくらの」を見ていたらしく、「『あにそーん、あにそーん』って歌ってる曲」と紹介された気がする。
 たしかにアンインストールとは聴こえないわな(笑)

5.くるくる少女/筋肉少女帯
 美麗イントロから始まるヘビィメタルのような綺麗なメロディ。
 ストーリーのような歌詞は、ぶっとんでるけど面白い!

6.エッジな気分/推定少女
 秋元康が昔プロデュースしてたユニット。確か15歳だかの2人組。
 最初に音楽番組で見たときに、15歳とか若すぎる・・と思って引いてたけど、よく考えてみたらSKEには小学生がいるわけで、ホント慣れって怖いなって思いました(笑)

7.色彩都市/大貫妙子
 自分の中では大貫妙子といえばこの曲、ってくらい馴染み深い曲。
 明るいメロディに素敵な詞。日曜日のひなたのような曲。

8.Kosmos,Cosmos/萩原雪歩
 アイマス曲です。


秋元康は、かたやアイドルをプロデュースしまくって秋豚とか言われまくってる一方、
『川の流れのように』を筆頭に、名曲といわれるものの多くを作詞してるという、
彼の本質がなんなのか、時々よくわからなくなるプロデューサーだと思う。




/ 1 / 11 / >>

Profile

Category

Archives

admin